Messageとは

当サイトのタイトルにもなっている「Message」とは、放送部フェスティバルのテーマソングとして、制作された曲。

(第5回放送部フェスティバルでの録音)

楽譜
message_score

Message

作詞:安西泰一(長崎西)、峰啓輔(長崎西)
作曲:早手隆裕(長崎北オーケストラ部)
編曲:井手宏臣(長崎北)

雲もなく 冴える空
風の色まで見えてくる
僕たちの声をのせ
風が虹色にそまってく

マイクにのせて とばすMessage
僕らの想いは はばたいて
スピーカーから流れる Message
どこまでも果てしなく

顔も声も性格も全然違うけど
伝えることの大切さ だれ一人忘れない
肌の色が違う人にも 瞳の色が違う人にも

マイクにのせて とばすMessage
僕らの想いは はばたいて
スピーカーから流れる Message
どこまでも果てしなく

何かを伝えなきゃ いけないから
僕らが作る毎日のドラマを
世界のみんなに伝えよう
みんなに届け 僕らの Message
心の奥まで 伝えたい

第1回同窓会パンフレットより、編曲者の井手氏へのインタビュー

この曲ができたいきさつを教えてください。
放送部フェスティバルをつくり上げる学生会議中、卒業生として10年後にフェスティバルに遊びに行ったときでも「あ、自分たちがやったのと同じだ!」と思える何かを残しておきたいねという話が出ていました。こうした流れの中で、初代委員長の安西さんが音楽に造詣が深かったこともあり、じゃあテーマソングでも、という話になったわけです。

これからも歌い続けてくれるであろう、後輩たちに一言お願いします。
先日、長崎出身の学生さんたちと会いました。その中に、長崎の放送部出身の方がいて、それだけでも話は大盛り上がりでしたが、Messageを歌った!なんて話がでて、必要以上にはしゃいでしまいました。学校に校歌があるように、共有できる歌があることは、素敵なことだと思います。ぜひ、これからも「Message」を歌い継いでいただければと思います。